H22年度 高校入試の実情

                               (  )は区外 -は再募集なし
H22年度公立高校入試状況 学校別定員と合格者

学校名 学科名 前期定員 前期合格数 後期定員 後期合格数 再募集受験 再募集合格
追手前高 人文 160  161 - -
科学 120  120 - -
小津高校 普通 192(28) 192(28) 48(8) 43(8) 5 1
理数 32  32 8 2 -
高知西高 普通 182(28) 193(28) 48(8) 40(8)  8 -
英語 32  30 10  5 5 -
高知南高 普通 38(19)  38(3) 16(16) 10(1)  6 0
国際教養 16  15 5 2 3 -
国際科学 16  3 22 6 16 -
高知東高 総合 160(24)  160(6) 40(24) 40(0)  - -
看護 24 24 6 5 1
岡豊高校 普通 168(25) 168(25) 72(11) 51(6) 21 3
芸術 32  32 8 4 4 -
体育 32  33 8 8 - -
丸の内高 普通 112 112 28 28 - -
音楽 30 25 5 1 4 0
高知工業 機械 32  32 8 3 5 -
電気 32  32 8 1 7 -
情報技術 32  33 8 8 - -
工業化学 32  32 8 6 2 1
土木 32  33 8 4 4 1
建築 32  33 8 6 2 1
総合デザ 32  32 8 8 1 -
高知商業 総合ビジ 168 168 42 42 - -
情報シス 28  28 7 5 2 1
国際コミニ 28  28 7 7 - -
東工業 機械 32 32 8 4 4 1
機械シス 32  31 9 9 - -
電子 32  32 8 3 5 -
電子機械 32  32 8 5 3 -
理工 32  17 23 10 13 7
山田高校 普通 112  108 52 20 32 1
商業 28 28 12 4 8 0



H22年度 公立高校後期入試状況 学校別定員と合格者数

学校名 学科名 後期定員 出願数 当日欠席 受験者数 合格者数 実質倍率
追手前高 人文 0
科学 0
小津高校 普通 48(8) 46(11) 0  46(11) 43(8) 1.07 
理数 8 4 0 0.67 
高知西高 普通 48(8) 43(9) 0 43(9)  40(8)  1.08 
英語 10 4 0  4  5 0.80 
高知南高 普通 16(16) 8(1) 0 8(1)  10(1)  0.80 
国際教養 5 3 1 2 1.00 
国際科学 22 12 0 12  6  2.00
高知東高 総合 40(24) 70(0) 0 70(0)  40(0)  1.75 
看護 6 4 1  3 3.00 
岡豊高校 普通 72(11) 49(5) 0 49(5) 51(6) 0.96
芸術 8 6 0 6 4 1.50
体育 8 13 1 12 8 1.50
丸の内高 普通 28 29 0 29 28 1.04
音楽 5 1 0 1 1 1.00
高知工業 機械 8 3 0 3 3 1.00
電気 8 1 0 1 1 1.00
情報技術 8 9 0 9 8 1.13
工業化学 8 6 0 6 6 1.00
土木 8 4 0 4 4 1.00
建築 8 6 0 6 6 1.00
総合デザ 8 8 0 8 8 1.00
高知商業 総合ビジ 42 43 0 43 42 1.02
情報シス 7 4 0 4 5 0.80
国際コミニ 7 7 0 7 7 1.00
東工業 機械 8 4 0 4 4 1.00
機械シス 9 12 1 11 9 1.22
電子 8 4 0 4 3 1.33
電子機械 8 5 0 5 5 1.00
理工 23 12 0 12 10 1.20
山田高校 普通 52 32 1 31 20 1.55
商業 12 9 0 9 4 2.25


H22年度公立高校前期入試状況 学校別定員と出願者数

(  )は区外

学校名 学科名 全定員 前期定員 出願者数 当日欠席 受験者数 合格者数 競争率
追手前高 人文 160 160 174  167  161  1.04
科学 120 120 136 10   126  120  1.05
小津高校 普通 240(36) 192(28) 279(47) 2(2)  277(45) 192(28) 1.44
理数 40 32 43  41  32  1.28
高知西高 普通 240(36) 182(28) 293(45) 2(0)  291(45) 193(28) 1.52
英語 40 32 28  27  30  0.84
高知南高 普通 160(24) 38(19) 46(4) 3(1)  43(3)  38(3)  1.13
国際教養 40 16 17  17  15  1.06
国際科学 40 16 5  5  3  0.31
高知東高 総合 200(30) 160(24) 249(7) 13(0)   236(7)  160(6)  1.48
看護 30 24 34 33 24 1.38
岡豊高校 普通 240(36) 168(25) 254(35) 3(0)  251(35) 168(25) 1.49
芸術 40 32 35  1  34  32 1.06
体育 40 32 38  38  33 1.19
丸の内高 普通 140 112 171 167 112 1.49
音楽 30 30 27  0 27 25 0.90
高知工業 機械 40 32 42  0  42  32 1.31
電気 40 32 37  0  37  32 1.16
情報技術 40 32 48  47  33  1.47
工業化学 40 32 44  1  43  32 1.34
土木 40 32 36  0  36  33  1.13
建築 40 32 38  0  38  33  1.19
総合デザイン 40 32 35  0  35  32 1.09
高知商業 総合ビジネ 210 168 234 233 168 1.39
情報システ 35 28 47  47  28  1.68
国際コミュ 35 28 33  33  28  1.18
東工業 機械 40 32 44 44 32 1.38
機械シス 40 32 30  30  31  0.94
電子 40 32 36  0  36  32  1.13
電機 40 32 33  33  32  1.03
理工 40 32 20  20  17  0.63
山田高校 普通 160 112 119 118  108  1.05
商業 40 28 41 41 28 1.46


22年度 私立高校一般入試状況 受験者数と実質競争倍率

H22年度 総定員 一般定員数 一般出願数 当日欠席 一般受験者数 一般合格数 実質倍率
土佐高校 60 若干名 26
0 26
7 3.71
土佐塾高 45 25
27
0 27 23 1.17
学芸高校 90 40
86
1 85 59 1.44
土佐女高 30 20 31 0 31 30 1.03
高知高校 100 50
159 2 157 147 1.07


H22年度 高校一般入試要項

H22年度入試 定員 出願期間 試験日 合格発表 試験科目
土佐高校 若干名 1月18日〜1月20日 1月22日 1月23日午後4時 英数国・面接
土佐塾高校 25人 1月 8日〜1月20日 1月22日 1月23日午後1時 英数国・面接
学芸高校 40人 1月 4日〜1月19日 1月21日・22日 1月24日正午 英数国理社・面接
土佐女子高校 20人 1月14日〜1月21日 1月22日 1月23日午後1時30分 英数国・面接
高知高校 50人 12月21日〜1月19日 1月21日・22日 1月23日午後5時 英数国理社・面接
高知高専 2月3日〜2月10日 2月21日 2月26日正午 英数国理社・面接
高知高専 追試 2月3日〜2月10日 2月28日 3月 2日正午 英数国理社・面接
公立高校前期 1月18日〜1月20日 2月 9日・10日 2月22日午後4時 英数国理社・面接
公立高校前期 追試 2月 8日〜2月10日 2月16日・17日 2月22日午後4時 英数国理社・面接
公立高校後期 3月2日〜3月4日 3月11日 3月16日午前9時 英数国・面接

    ※公立高校の70%〜100%が前期・五教科試験です。
     ※公立高校の追試は前期試験に対してのみ行われます。
     ※高専の定員は推薦を含んで各科40人で合計160人です。

  実際の出願に際しましては、各学校から願書をお取り寄せの上、ご確認ください。








H22年度 私立高校推薦入試状況 受験者数と実質競争倍率

H22年度 総定員 推薦定員数 推薦出願数 当日欠席 推薦受験者数 推薦合格数 実質倍率
土佐高校 60 50 63 0 63 52 1.21
土佐塾高 45 30 26 0 26 25 1.04
学芸高校 90 45 56 0 56 52 1.08
土佐女高 30 20 20 0 20 20 1.00
高知高校 100 50 66 0 66 64 1.03


22年度 高校推薦入試要項

H22年度入試 定員 出願期間 試験日 合格発表 試験科目
土佐高校 50人  1月 4日〜1月 8日 1月13日 1月15日午後4時 論述総合問題・面接
土佐塾高校 30人 12月19日〜1月 8日 1月13日 1月14日午後2時 作文・面接
学芸高校 45人  1月4日〜1月12日 1月13日 1月15日正午 面接
土佐女子高校 25人 12月25日〜1月12日 1月13日 1月14日郵送 小論文・面接
高知高校 50人 12月21日〜1月11日 1月13日 1月14日午後5時 作文・面接
高知高専特別 12月18日〜12月25日 1月9日・10日 1月18日正午 作文・面接
高知高専特別 12月18日〜12月25日 1月11日 1月18日正午 実技・面接
高知高専一般 32人 12月18日〜12月25日 1月11日 1月18日正午 作文・面接
高知高専追試 12月18日〜12月25日 1月16日 1月18日正午 作文・実技・面接

  各学校ともに書類審査があります。

    高専は定員の80%以内が推薦の定員です。

    実際の出願に際しましては、各学校から願書をお取り寄せの上、ご確認ください。

平成22年度 高知高専 推薦入試状況 受験者数と実質競争倍率 

 平成21年12月25日(金)17:00 最終

学  科 入学定員 推薦選抜
志願者数
推薦合格者数 実質倍率
機械工学科  40  45 32 1.41
電気情報工学科  40  78 32 2.44
物質工学科  40  60 32 1.88
環境都市デザイン工学科  40  34 32 1.06
 合 計  160 217 128 1.70

※ 推薦による募集人員は、各学科とも入学定員の80%以内です。

 

H22年度 高知高専入学者選抜試験日程

事    項 日    程






 推薦願書受付期間 平成21年12月18日(金)〜12月25日(金)必着
 特別推薦A  作文及び面接 平成22年1月9日(土)※1月10日(日)
 特別推薦B  実技・実験及び面接 平成22年1月11日(月)
 一般推薦  作文及び面接
 推薦合格発表 平成22年1月18日(月) 12:00
 特別推薦A追試験  作文及び面接 平成22年1月16日(土)
 特別推薦B追試験  実技・実験及び面接
 一般推薦追試験  作文及び面接
 推薦追試験合格発表 平成22年1月18日(月)12:00
 全推薦入学確約書提出期限 平成22年1月29日(金)必着
 全推薦入学手続期間 平成22年3月2日(火)〜3月5日(金)






 学力願書受付期間 平成22年2月3日(水)〜2月10日(水)必着
 学力検査 平成22年2月21日(日)
 合格発表 平成22年2月26(金) 12:00
 学力入学手続期間 平成22年3月2日(火)〜3月5日(金)
 学力検査追試(高知高専会場のみ) 平成22年2月28日(日)
 学力検査追試験合格発表 平成22年3月2日(火) 12:00
 学力追試験入学手続期間 平成22年3月3日(水)〜3月9日(火)
 追加合格発表 平成22年3月9日(火) 17:00
合格者登校日 平成22年3月17日(水)

※志願者数により、1月10日(日)に面接を実施する場合があります。
※追試験は高知高専検査場のみで実施します。

高知高専過去5年間の入学者状況 

学科名

年度
機械
工学科
電気情報
工学科
物質
工学科
環境都市
デザイン
工学科
入試
倍率
志願者 入学者 志願者 入学者 志願者 入学者 志願者 入学者 志願者 入学者
18年度 58(2) 40(2) 55(4) 42(4) 60(23) 42(18) 44(10) 40(11) 217(39) 164(35) 1.4
19年度 36(1) 39(1) 46(2) 41(2) 46(15) 41(15) 37(5) 40(4) 165(23) 161(22) 1.0
20年度 62(2) 43(0) 72(7) 44(5) 67(27) 46(21) 37(9) 41(9) 238(45) 174(35) 1.5
21年度 65(1) 48(1) 94(4) 51(3) 65(23) 50(19) 38(11) 51(13) 262(39) 200(36) 1.6
22年度 47(1) 42(1) 82(11) 42(4) 66(25) 42(18) 40(11) 42(13) 235(48) 168(36) 1.5

※(  )は女子。
※第一志望以外の学科に合格する場合があるため入学者が志願者を上回っている場合がある。

●概況
●私立高校の推薦入試・一般入試ともに1月実施になった。公立高校の入試は五教科の学科試験になったのはよいが、実施時期が2月9日とこれまでの3月11日から1ケ月早まった。毎年、高知県では400名を超える高校中退者が出ている。信じられない数だが、これらの大半はいろいろ理由をつけてみても畢竟学力不足だと聞く。高校生の勉強についていけないのだ。試験時期を早めて更に学力不足を助長するのか。高校入学までの2ケ月〜3ケ月近くを遊ばせておいて学力が向上するはずがない。15歳の少年少女は自主的に勉強できる仕組みには出来ていないのだ。最後の最後まで中学課程の学習が身につけられる入試制度にしてもらいたい。それが高知県の学力向上にもつながるはずだ。近年、追手前高校を中心とする公立高校の大学合格実績は瞠目するものがある。それに水をさしてはならないはずだ。公立高校の入試日が早まれば、私立高校の入試日も自動的に早まる。私立高校でも、私立中学からの持ち上がりの生徒と高校からの進学者のギャップがますます大きくなっているのではないか。華々しい大学入試の合格実績で高校からの進学者がいかばかりのくい込みをみせているのか、知りたいところである。
●公立高校入試では追手前高校が定員の全てが前期選抜の五教科試験みとなったので、受験生たちはワンランク下げる格好で小津高校と西高校に殺到した。このため小津高校は前期選抜で94人の不合格者を出し、西高校も95人の不合格者を出した。しかし、後期選抜では両校とも定員割れとなって再募集をおこなった。また、小津高校の前期不合格者の得点が追手前高校の合格最低点を上回るなど矛盾点も多い。高専の一般試験の発表日が高知工業の入学確約書提出日の後になるなど、クルクル変る公立高校の入試制度に生徒も学校も振り回されている格好だ。
また、2月9日・10日の前期選抜ではインフルエンザ等で受験出来なかった者 (医師の診断書が必要) に対して、2月16日・17日に追試が行われた。この場合の学科試験の会場は高知市(高知県教育センター分館)・安芸市(安芸高校)・須崎市(須崎高校)・四万十市(中村高校)の四会場となり、17日の面接は志願先の高校となった。後期選抜・再募集に対してはこの救済措置は行われなかった。
高知高専でもインフルエンザ等で受験出来なかった者を対象に推薦入試・一般入試ともに追試験が行われることになった。これに伴って推薦入試の合格発表日が1月18日にずれた。 
H22 公立高校の定員(区外)と合格偏差値       

学校・学科名(H22) 総定員 前期募集割合 前期定員 偏差値目安
追手前科学 120 100% 120 55
追手前人文 160 100% 160 53
西  英語 40 80% 32 51
西  区外 36 80% 28 51
小津 理数 40 80% 32 51
小津 区外 36 80% 28 51
南  国教 20 80% 16 40
南  国科 20 80% 16 40
南  区外 24 80% 19 40
東  看護 30 80% 24 44
東  区外 30 80% 24 36
岡豊 体育 40 80% 32 34
岡豊 芸術 40 80% 32 34
岡豊 区外 36 70% 25 38
山田  160 70% 112 34
山田 商業 40 70% 28 32
高知工業電気 40 80% 32 44
高知商業総合 210 80% 168 38
東 工業機械 40 80% 32 33

偏差値目安は土佐塾の模擬テストの偏差値です。土佐塾の模擬テストは毎月1回実施されています。

入試制度の改革

公立高校前期試験


公立高校前期試験は2月上旬に実施され、英・数・国・理・社の五教科の学科試験で、定員の80%が決定されます。3月上旬の後期試験も英数国の学科試験で20%しか残っていません。五教科の実力のある者が合格する仕組みです。H23年度前期入試は学力試験が2月8日、面接が2月9日となり、追手前高校と丸の内高校の音楽科は定員の100%が前期日程で決定します。小津高校・西高校・南高校・東高校・高知工業高校・高知商業高校は80%が前期日程、山田高校・岡豊高校普通科は70%が前期日程となります。
●区外枠撤廃に向かって入試制度が変っていきます。みなさんの受験の時は、区外枠が20%と現行の15%から拡大されて、より優位になります。中2生が受験する平成24年度入試からは区外枠は全廃になります。現在も追手前高校は区内区外の別はありません。

私立高校試験

私立高校の推薦入試枠はどことも定員の50%ですが、土佐高校は推薦入試が廃止されて定員50名をS方式とH方式に分け、いずれも英・数・国・理・社の五教科の学科試験(各教科100点満点・50分)が課せられることになりました。学芸高校と高知高校の一般試験は今まで通り五教科の学科試験試験です。
●土佐塾高校と土佐女子高校の一般試験は英数国の三教科となっています。

より詳しい  新入試制度 はこちらをクリックしてください。

       

各私立高校と高専の定員と実質競争倍率&偏差値

H21入試 土佐高校 土佐塾高校 学芸高校 土佐女子高校 高知高校 高知高専
            電気 機械 デザ 物質
総定員 60 45 90 50 100 40 40 40 40
推薦出願 61 23 48 20 36 88 60 36 59
推薦合格 47 22 48 20 36 - - - -
一般受験 17 21 64 16 175 61 31  6 32
一般合格  6 18 54 10 163 51 50 51 51
一般配点 100 100 100-60 100 100-100 100-100
偏差値 59 55 55 45 43 53〜51

土佐女子高校は併願制ですので、合格してから公立高校を受験することができます。土佐女子高校の入試科目は英語・数学・国語の三教科のみです。
私立高校、高専も定員の50%以上が推薦入試ですが、土佐高校は推薦入試が廃止され、定員50名全員に英語・数学・国語・理科・社会の五教科の学科試験が課せられます。土佐塾高校の入試科目は英語・数学・国語の三教科のみです。学芸高校・高知高校の一般入試は英語・数学・国語・理科・社会の五教科です。

私立高校の推薦入試に合格すれば、公立高校や高専は受験できません。公立高校や高専を本目に考えている人は、私立高校は一般入試で受験してください。

高専は推薦入試が特別推薦と一般推薦とに分かれています。一般入試は公立高校との併願も可能です。

高知西高校の英語科や南高校の国際科では英語の傾斜配点があります。また、南高校は南中学からの進学者が大半です。

追手前高校や西高校や小津高校や高専を考えている人は、高知高校か土佐女子高校に合格できる学力がなければ合格できません。まず、高知高校か土佐女子高校に合格してください。高知商業や東高校や岡豊高校がすれすれの人は清和女子高校か中央高校の受験をお勧めします。