土佐中学合否偏差値領域シュミレーションと
                  出題の要点と傾向・注意点

土佐塾の模擬テストを参考にした「土佐中学」の合否シュミレーションです。本年度入試の追跡調査による各中学別偏差値領域は、父母会の時にご提示いたします。

土佐中学


 高知県の中学入試の詳しい資料の載った「H29中学入試の分析とまとめ」という「土佐塾新聞」をさしあげています。
●土佐塾の模擬試験での合格判定偏差値はは57〜58であるが、合格をより確実にするためには偏差値60以上をめざして欲しい。

●毎年10月に行われる入試説明会には小5・6年生の児童・ご父母を合わせて1300名近くの出席者があります。(本人とご゛父母合わせて2名に制限)


注意事項

●携帯電話は持ち込み禁止。(使用すればカンニングとみなされる)
●教室に時計はあるが、見えにくい場合もあるので、腕時計を持って来ることがのぞましい。(計算機能のついた時計はダメ)
●下敷きは持って来てもよいが無地のものとする。(なくても机はきれい)
●定規・コンパスはいるが分度器は使用禁止。
●配点は算数AB150点・国語AB150点・理科100点・社会100点の500点満点である。(土佐塾の模擬テストはこの配点になっている)
●体調の悪い者は別室受験もできる。

●現在男女の比は3対2になっているが、男女割合、市内外割合、県内外などの条件で合否が左右されることはない。
●合格者数はH29年度は男子55%、女子45%、H28年度は男子61%、女子39%となっている。
  

●問題は標準的なもので、奇問・難問は出題しない。各学科とも70%を目標に作成されている。
合格のボーダーは70%を目標に勉強するとよいが、実際には総合点で500点満点中、320点〜330点ぐらいが合格最低点になる。
●H29年度入試では、受験者平均は330点、合格者平均は350点だった。合格者の最高点は455点、合格最低点は300点だった。科目別では算数の合格者平均は108点、受験者平均は99点、国語の合格者平均は97.5点、受験者平均は93点、理科の合格者平均は71点、受験者平均は68点、社会の合格者平均は72点、受験者平均は70点となっている。
●合否はあくまで総合点勝負で科目による足切りはない。H29年度入試では算数が60点しか取れていない生徒が合格しているし、国語が57点しか取れていない生徒も合格している。
合否はあくまで総合点勝負。
●総合点の同点はたくさん出るし、1点刻みで並ぶことになる。いかに日頃より1点を大切にする答案作成術を身に着けておくかが大切になる。入試に惜しかったはない、合格か不合格かのやり直しのきかない冷酷な世界である。


年度別合格最高点&合格最低点

年  度

23年度 24年度 25年度   26年度   27年度   28年度   29年度

受験者数

330

365

377人  355人  315人  327人  335人

合格者数

264

264

267人  263人  259人  260人  261人

競争倍率

1.25

1.38

1.41  1.35  1.22  1.26  1.28
合格最高点  450点  425点  485点  450点  455点  455点  455点
合格最低点  325点  295点  330点  315点  315点  325点  300点

●さらに過去の合格最低点はH19年が320点、H20年が310点、H21年度が305点、H22年度が315点であった

H29年度科目別得点割合(%)

 H29 国語   算数  理科 社会   合計
 合格者平均  65  72 71 72  70
 合格 最低  38  40 - -  60
 受験生平均  62 66 68 70  66

合格最高点455点、合格最低点300点


H28年度科目別得点割合(%)

 H28 国語   算数  理科 社会   合計
 合格者平均  73  81 71 72  75
 合格 最低  50  45 35 41  65
 受験生平均  70 75 67 70  71

合格最高点455点、合格最低点325点


H27年度科目別得点割合(%)

 H27 国語   算数  理科 社会   合計
 合格者平均  80  53 86 78  73
 合格 最低  57  23 64 51  63
 受験生平均  78  49 84 74  70

合格最高点455点、合格最低点315点



H26年度科目別得点割合(%)

 H26 国語   算数  理科 社会   合計
 合格者平均  75  66 71 78  72
 合格 最低  45  35 43 54  63
 受験生平均  71  61 67 75  68

合格最高点450点、合格最低点315点


H25年度科目別得点割合(%

 H25 国語   算数  理科 社会   合計
 合格者平均  62  66  73  73  68
 合格 最低  53  35  47  48  66
 受験生平均  59  59  69  70  63

合格最高点485点、合格最低点330点

H24年度科目別得点割合(%)

 H24 国語   算数  理科 社会   合計
 合格者平均  82  68  72  81  75
 受験生平均  79  60  68  78  71

合格最高点425点、合格最低点295点



算数は難しいが、算数での足切りはない。過去には算数が32%しかとれていない生徒でも合格した者がいる。あくまで総合点勝負。
●さらに、H27年度入試では算数が23%しかとれていなくても、国語85%・社会80%・理科71%とれた生徒が合格している。不得意科目があるからといってあきらめる必要はない。

●小学校の教科書を欄外の資料なども含めてよく見ておく。
●理科も社会も小学校の教科書に漢字で書いてあるものは漢字で書く。

出題の要点

国語

●文字力・語彙(ごい)力・読解力・表現力を問う。

●文字力は漢字の読みと書き取り。漢字のトメ・ハネ・ハライはしっかりとみる。
●語彙力は言葉の意味を把握できているか、慣用句・ことわざなども含めての基礎的なものをしっかり勉強できているかをみる。
●読解力は小説については主人公の言動から気持ちを推し量ることができるかどうか。主人公の「心情の変化」を読み取ることができるかどうかが決め手となる。
●説明文では筆者の言わんとするところが要約できるかどうかがポイントとなる。つまり、出題文章の論理の筋道、「何について、どういうことを述べているのか」をつかむ訓練をしておくとよい。文章の対比構造の部分、反復の部分、具体例のまとめの部分などに注目するとよい。
●感覚的な答は通用しない。論理的になぜこの答になるのか、なぜこれではいけないのかを把握して解答を書くこと。
●表現力は自分の思いを相手に伝えられるかどうかが問題となる。幼い言いまわしでは通用しない。記述式問題は配点も高いので、この肢問を白紙にするとまず合格しない。誤字は減点対象になる。また、小学校で習う漢字をすべてひらがなで書いても減点対象となる。
●H25年度、H26年度と抜き出しではない記述式の問題が多くなってきている。H26年度などは50字程度の作文まで出題されるようになった。H27年度入試では字数制限にとらわれないプチ作文がが出題された。日頃から作文力を鍛えておく必要がある。
●文章題は内容を把握できれば答えられる問題で、大人の感覚が要求される。答は原則的に一つだけである。
●国語のA・BでAとBのレベルの差はない。物語文と説明文と分野が異なるだけである。



算数

●算数のA・BでAとBのレベルの差はない。また、75点ずつとは限らない。

●【   】をうめる問題は答だけでよい。 それ以外の文章題は式や考え方を書くこと。答が間違っている場合も部分点がある。1点・2点の部分点が合否を左右することもある。
●計算力・思考力・図形の処理ができるかなどを問う問題が多い。合否を分けているのは難しい問題を解くことより、基礎的な計算や標準的な問題をしっかり取れるかどうかである。【   】をうめる問題は転記ミスにも気をつける。
●数の性質、場合の数、割合、速さの問題などがよく出題される。
●相似は出題されない。
●柱体と垂体は出題されないが、立方体と直方体、その組み合わせの問題は出題される。
●三角形の組み合わせなどで、台形も出題される。 
●計算は速く正確に、算数的思考力を養っておく、不得意分野の克服などが課題だが、勘違いや計算ミスを防ぐことが大事で、要は自分の能力で解ける問題を落とさないことが肝要だ。

理科

●物理・化学・生物・地学の分野から出題される。

●問題の読み取りができなくて、誤答につながっているものや、計算ミスが多い。
●「物質とエネルギー」の分野では表やグラフからの考察問題、計算問題が毎年出題されている。
●「地球と宇宙・生命」の分野や「生物とその環境」の分野では絵や写真で考えるものが多い。
●教科書に使われている漢字はきちんと書けるようにしておく。実験器具の名前や操作方法もしっかりマスターしておく。
●毎年、問題の読み間違いが多いので気をつけること。

社会

●地理40%・歴史40%・公民20%の割合で出題される。

●「地理分野」は地図を見て勉強しておいてほしい。雨温図・統計・グラフを見ての設問も多い。
●「歴史分野」は時代の流れを年表などでしっかり把握しておくこと。教科書に載っている資料・写真・歴史地図などもしっかり覚えておこう。現在の新しい世界の出来事にも注意しておくこと。
●「公民分野」では三権分立・日本国憲法・公害が良く出る。新聞・テレビのニュースなどもしっかりチェックしておくこと。
●漢字指定をカナで書いたり、誤字は×都道府県名は必ず漢字で書けるようにしておく。漢字指定でなくても小学生で習う漢字を全部ひらがなで書くと減点になる。日頃から社会はなるべく漢字で書いて覚えるように心がけよう。
●毎年、地理と歴史の分野ではあまり差がつかなくて、20%の公民の分野で合否が左右されている。新聞などで時事問題に関心を払っておくこと。

受験全般の注意   平成30年度土佐中学入試 受験についての注意

 出願の際に、最新版の「受験についての注意」が配布されます。
  
1.受験場の下見は、2月16日(金)の午後3時から5時の間とします。学校正門の真正面にある中学昇降口から入り、「受験生・付添下足箱◆班◆◆〜◆◆(受験番号)」と表示された下駄箱(自分の受験番号が含まれている下足箱)を使用し、各自持参の上履きにはきかえ、案内標示の矢印にしたがって進んでください。集合場所(体育館2階講堂)、付き添いの方の控え室(体育館1階食堂または中学棟2階図書室)、試験教室、面接教室(中学棟3階、4階、5階)、昼食時開放の昼食場所(高校棟3階)、トイレ等の場所を確認してください。それ以外の場所には立ち入らないでください。
 
2.試験当日の集合時刻は2月17日(土)、2月18日(日)ともに午前8時40分、集合場所は本校体育館2階講堂です。上記と同じ「受験生・付添下足箱◆班◆◆〜◆◆」の下足箱を使用し、各自持参の上履きにはきかえ、案内係りの誘導にしたがって体育館2階講堂に進んでください。

3.体育館2階講堂では、ステージ手前に本校生徒が班別を示すプラカードを掲示しています。案内係の指示がありましたら、班ごとに縦2列(受験番号順でなくてよい)に並んでください。

4.集合時に受験生全員が簡単な注意を受けた後、班ごとに手伝い生徒の誘導で試験教室前の廊下まで移動します。試験教室へは試験監督の指示にしたがって入室し、各自の受験番号の席に着いてください。

5当日持参するものは、受験票、筆記用具類(鉛筆もしくはシャープペンシル・消しゴム・コンパス・定規・無地の下敷)、参考書類、上履き、腕時計、弁当(試験第1日目は不要)などです。分度器、計算用紙を持参して使用してはいけません。また、携帯電話を試験場に持ち込むことは禁止とします。万一、受験票を紛失したり忘れた場合は申し出でください。

6.
受験票は机の右上(受験番号カードの下)において下さい。
 
7.各試験の始まりは開始のチャイムの鳴り始め、各試験の終りは終了のチャイムの鳴り始めとします。

8.筆記の際は、鉛筆もしくはシャープペンシルのみを使ってください。

9.試験中に、筆記用具を床に落としたとき、質問があるとき、トイレに行きたいとき、気分が悪くなったときなどは、黙って手をあげ、試験監督にその旨を申し出てください。

10.試験中に不正が発覚した場合には、直ちにその受験生の試験を打ち切り不合格とします。試験中の態度、挙動が不審な場合は厳重に注意し、改められないときは不正とみなすことがあります。また、携帯電話を試験場に持ち込むことは不正行為とみなしますので、特に注意してください。

111つの試験が終了したら、問題用紙を試験監督の指示にしたがって机上におき、そのおき方が正しいかどうか確認した後、試験監督の合図で教室から出てください。

  国語A、国語Bの終了後、および第2日目の算数A、算数Bの終了後の際、休み時間に勉強したいときは、参考書等を持って出てかまいません。

  社会の終了後は、何も持たずに一旦教室前の廊下で待機します。問題の回収が終わった後、試験監督の指示で再び教室に入ります。ここで、、自分の荷物をすべて持ち、試験監督の指示で教室を出て、速やかに下校ます。

12入試験第2日目は、理科の試験が終了したら、昼食の時間を午後12時10分過ぎから午後1時過ぎまでとります。昼食は校外でとっても、付き添いの方と共に、本校体育館1階食堂を利用してとっても、昼食時に開放する高校棟3階の7教室(放送で案内します)でとってもかまいません。

13.面接は.午後1時10分より行います。受験生はその5分前に、面接控室(試験教室と同じ教室)に集合し、着席して静かに待機してください。面接を受けなかった場合は、受験を放棄したものとみなし、不合格とします。

14.面接は本校生徒の案内、誘導にしたがってください。.面接の際は、自分の荷物をすべて持って入室し、、面接控室には何も残さないようにしてください。貴重品、受験票、筆記用具などの忘れ物に注意してください。面接が終了したら速やかに下校してください。

15.病気などで特別な処置を要する場合は、あらかじめ申し出て指示を受けてください。

16.合格発表は2月19日(月)午後4時の予定です。合格者の受験番号を中学昇降口上の2階のベランダ付近に掲示します。
  

  

付き添いの方への注意  

 @付添いの方の控え室は、本校体育館1階食堂または中学棟2階図書室です。
   なお、図書室では、静粛にするとともに飲食などは絶対にしないようにお願いします。

 
A上履は持参して下さい。受験生と同じ「受験生・付添下足箱◆班◆◆〜◆◆」と表示された下足箱を使用してください。

 
B付添いの方が、控室(食堂または図書室)以外の場所に立ち入ることを禁止します
   ただし、昼食時には高校棟3階の7教室を昼食場所として開放しますので、案内の放送後は控室より移動して自由に使用してください。

 
C試験問題は、各試験時間終了後に控室(食堂)に掲示します。

 
D自転車の校内での駐輪は可能ですが、安全確保のため自動車の校内への乗り入れは禁止とします。また、周辺道路は平日は駐車禁止となっています。
   ただし、休日は駐車可能な場所もありますが、法規で定められた場所に限られるので注意してください。
  


平成30年度の土佐中学の募集要項はここをクリック